フォト

今日は何の日?

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« <火事場泥棒は昔から“死罪”だ!> | トップページ | <VS> ヴァーサス ② »

2004年11月 2日

<ジビエ>

フランス料理のイチオシ?“ジビエ”なるもの。
野生の動物(鴨とかウサギとか)を狩ってきて(ここがミソ)
素材の味を生かしつつ調理するという…
なかなかに難しい料理ですが、口にするのも難しい(涙)

お値段の方もハンパじゃねーって。

料理人上がりのおいらでも調理はもちろん、食った事もない(笑)

でもこないだ“食材”だけはお目にかかることができました♪


↓こいつらがそう。
jibie3.jpg
ちょっと判りにくいかな?左上から野鴨(青首)のメス、その子、右奥が山鳩、手前が山ウズラちゃん。


んで、それをコックさんが必死で羽根むしります (^_^;)
jibie2.jpg
鴨の羽根は、すんなりとは抜けてくれないみたいで、かなりの重労働だそうです。
おいらは横でヘラヘラ撮影してました。
羽根には雑菌がいっぱいくっついてる、とのことで
コックさんもビニール手袋してむしってマス。


さて、素っ裸にされた“鴨”さんです。
jibie1.jpg
所々黒い斑点が見えますが、これは狩るときに撃たれた弾の痕。
散弾銃ぶっぱなすので、いくつも入ってるのだそうです。
もちろん体内にはそのタマがあるわけで、調理の時に取り出すそうですが
コックさん曰く『全部取りきれないときもあるよ』って…
おいおい、それじゃー食った時『ガリッ』ってなるじゃないかぁ!


普段口にすることのない料理の、これまためったに見ない“素の”食材を見れました。

北野ホテルの地下の
だーれも来ない、誰にも見つからない場所での羽根むしりでした。

いっぺんでいいから食べてみたいですね。


追記:このコックさん“嫁さん募集中”らしいっす。
でも顔写ってないや。ゴメンネ加藤さん♪ (^O^)

« <火事場泥棒は昔から“死罪”だ!> | トップページ | <VS> ヴァーサス ② »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: <ジビエ>:

« <火事場泥棒は昔から“死罪”だ!> | トップページ | <VS> ヴァーサス ② »

最近のトラックバック