フォト

今日は何の日?

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« <北野川を探せ!:中編> Kobeすみっこ探検Ⅱ | トップページ | <地図と航空写真で見る神戸港の変遷> Part.1  »

2015年4月26日

<北野川を探せ!:後編> Kobeすみっこ探検Ⅱ

かの航海者マゼランは襲い来る絶望と戦い、勇気を振り絞り大西洋から海峡を越え太平洋へ躍り出たではないか。
ここはいざ!前進あるのみ!

…と言うのは若干大げさですが、ルートをロストしても暗渠は必ずある!
と信じて探索を続けます。

前回の最後の場所は若干登り勾配がかかっており、この通りの先はフラワーロードと言う大通りにつながっています。

1_2

画像左はフラワーロード側から見たところ。
右は逆から見たところで、後述の歩道橋が見えています。

フラワーロードは昔の“生田川”の付け替えに伴って埋め立てられたものです。
ルートは昔の川筋そのものなので、勾配は昔の土手の名残なのかも知れません。
北野川がこの手前まで来ている、という事は生田川に繋がっていたと考えるのが自然ですね。

それでは暗渠の追跡を兼ねて、この先の“旧生田川”の近辺を探って見るとしましょう。

この近所には有名?な“牛丼屋さん”があります。
神戸牛丼 広重 と言うお店です。
画像ではわかり難いかな?『一杯、金壱千圓』也。
た、高ぇ~。でも連日行列が出来ているんですよ。
そのうちレポしたいですね(笑

Cats

この辺りは前述のフラワーロードと、山手幹線という広い道路の交差する地点です。
6車線道路が交差するので、交差点そのものが大きいと言うか広い。

2_2

そしてここに架かる歩道橋がこれまた【巨大】
広い交差点のタテ・ヨコ・ナナメを縦横にカバーしているので、一辺が長いです。
離れた場所からでも全景がフレームに収まりきらないほどです。

4_2

特に西南から東北にかけて伸びている部分は長すぎて、強度を持たせるために歩道部分にすらキール(竜骨)が走っているほど。
5_2

そしてこの歩道橋の下には、旧生田川を示す石碑が建っています。

3_2

おっと、話が横道に逸れましたね、閑話休題。

この歩道橋の上から手掛かりはないかと探してみると…発見!
東西に走る山手幹線の東側、東行き車線(北側)にマンホールがありました。

6_2

歩道橋を降りて確認してみると“圧 河川”の文字が。
やったぁ!暗渠のルートはフラワーロードを横切って、ここに繋がっていたのでした。

めでたしめでたし、おしまい… ではないっ!
改めて暗渠の追跡再開です。

山手幹線に沿って東へ直進すると、北野坂と同じようにほぼ数十メートルおきにマンホールが確認できます。

7_2

途中、喉が渇きましたね。さぁ、百円あげるからここで好きなだけお飲みなさい(オイ
ここは『神戸クアハウス』と言う施設で、実は天然温泉です。
道に面した店頭では神戸ウォーターが百円で2分間汲み放題なのです。

8_2

またまた脱線、追跡に戻りましょう。マンホールを追って、一路東へ!
この先はもうすぐ“新生田川”なんですがそこに現れたのは…
オ○ックスレンタカーの店先にいたこのお二人。
さしずめ『オリ○ンジャー』の青と赤さんですか?なんかシュールです。

9_2

もういい加減に話の本筋に戻りましょう。
歩道橋が見えていますが、そこが新生田川付近。
そして手前に見えるのが、ここに至る最後のマンホールです。

この先には河川を示す目印は無く、あるのは新生田川の本流だけです。

10

するとここに架かる橋の下に北野川の河口が?
そう考えて橋の東側から覗いてみると、排水管の丸い開口部が見えますね。
これが河口?でもなんかショボいなぁ。

11

再度周辺をウロウロと見て廻りましょう。
東西は幹線道路が貫き南北は南の国道に至る、これまた広い道路ですね。
南北に通じる道路と、JRと阪急電車の線路に沿う東西の道につながる分岐が土手に当る部分を走っていたり、と割と複雑な構成です。
どこかに目印はないものかね?と探していると…

12

発見!マンホールです!

歩道はありませんが、道路の側壁沿いに接近してみます。

13

見つけたー!“北野川”!!
どうやら生田川の土手の下が暗渠になっているようです。追跡再再開!

14

線路の下は厳重に、そして思いっきり目の細かい金網が掛けられていて、中の様子は窺えません。
やっとの思いでほんのスキマから中を激写!
これは暗渠ですね、フタですね。
昔はここは線路をくぐる道路だったのかなぁ?

15

この先に回りこんで南側へと出ます。
生田川の流れは続いていますが、この先の土手部分も歩道の無い車道。
そこをたどってさらに海側へ進みます。
この辺りにもマンホールなどの目印はありません。それでも進む!

16

そしてその先に架かっている橋から見てみると…

17

どーん!

河口発見!すげぇ!デカイ!
北野川はここで新生田川に合流していました。

ただただ感激(涙

北野川は天神谷川から始まり、新生田川に注ぎ込む所で終わるのでした。
長々と駄文にお付き合いくださり、ありがとうございました。
これにてお開きとさせていただきます、お疲れ様でした。

Tw113125

「疲れた~!おなか減った、早く帰ろうよ」

そうだね、家に帰ってご飯にしようね。

 

北野川を探せ!kobeすみっこ探検Ⅱ 【完】

◎今回のmap

Kitanogawa

◎歩道橋(加納町交差点)付近のmap 

Kanoutyou

« <北野川を探せ!:中編> Kobeすみっこ探検Ⅱ | トップページ | <地図と航空写真で見る神戸港の変遷> Part.1  »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: <北野川を探せ!:後編> Kobeすみっこ探検Ⅱ:

« <北野川を探せ!:中編> Kobeすみっこ探検Ⅱ | トップページ | <地図と航空写真で見る神戸港の変遷> Part.1  »

最近のトラックバック