フォト

今日は何の日?

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

2006年4月19日

<心を込めて… 本田美奈子>

デビュー21周年を記念して…

彼女の心からの絶唱。

B000eotgde01_2

すげっ!アマゾンのクラシック部門で1位!
音楽全般で21位! \(◎o◎)/!
(㏳2時現在)

買うべし! (メチャ偉そう…)

2006年3月 1日

<こんなのだったのか>

一時世間を賑わしていたあのCM。
見つけますた。

へぇ、こんなのだったんですか…
普段TV見ないもんで。。。

(・∀・)イイ!

2005年11月 7日

【訃報】 本田美奈子さん永眠

ファンの皆様、報道者各位の方々へ

                                平成17年11月6日

本田美奈子.(本名:工藤美奈子)が急性骨髄白血病と宣告され、10ヵ月の
闘病生活を送っていましたが、11月6日午前4時38分に永眠いたしました
ことをご報告申し上げます。

平成17年1月12日に入院、3度の化学療法の治療と5月12日の造血管細
胞移植(臍帯血移植)で7月30日に一時退院、7月31日に自宅で誕生日を
迎え、とても幸せな日々でしたが8月24日の定期検診で骨髄移植を行い、
8月31日の検査結果にて染色体に異常が発見され、9月7日に再び入院、
検査結果で再発が判明、9月24日アメリカから到着した新薬の抗がん剤を
投与し、結果が良好とのことで10月に2度の帰宅が出来、食欲も旺盛で
本人は大変喜んでおりました。10月21日の骨髄検査で再び染色体の異
常が発見され治療を開始、大変な時を過ごし、明日は治るという希望の
もと勇気ある戦いをしていましたが残念なことに本日、急性骨髄白血病の
ため永眠いたしました。

本田美奈子.の生前、本当にいろいろなご支援ご協力をいただきましたこ
とを深く感謝いたします。

《オフィシャルサイト》より

minako_honda

信じられない、と言うのがこのニュースを聞いた時の気持ちでした。
1985年、アイドル歌手としてデビューした彼女は、そのルックスとは裏腹にパワフルな歌唱力を持っており、やがて彼女の歌がアイドル歌謡からドラマティックなロック系へと移行して行く中で、彼女が模索し’92年に手に入れたのがミュージカルのヒロインであり、さらにクラシック式の歌唱をマスターし、新境地を開拓していきつつある道半ばでの永眠でした。

今や“おじさん世代”?には懐かしい《ヘソ出し》で歌う『1986年のマリリン』は、もう20年前になるのですね。

彼女が挑戦した《クラシカル・クロスオーバー》で聞くソプラノボイスのそれは、まさに“歌姫”

そんな彼女の歌声は今なおCDで聞く事が出来ます。

ave_maria
《アヴェ マリア》 本田美奈子
2003年5月リリース
コロムビアミュージックエンタティメント㈱
COCQ-83633 \2,800(税別)

彼女の“歌声”を堪能できる1枚です。

amaging_grace
《アメイジング グレイス》 本田美奈子
2005年10月リリース
コロムビアミュージックエンタティメント㈱
COZQ147~8 \2,100(税別)

つい、この間発売されたばかりのミニ・アルバムです。まさか発売直後にこのような事になろうとは…
このアルバムは上に挙げた《アヴェ マリア》と次にリリースされた《時》からチョイスされた曲と、未発表の作品が収められており、他には彼女のからの直筆メッセージと、生前の映像が収録されたDVDが付いています。

‘つかまえなさいチャンス 命もあげるよ…’
(ミュージカル『ミス・サイゴン』《命をあげよう》より)

美奈子さんの心からのメッセージに思えます。
まだまだこれから歌って欲しかった人でしたが、
その心、確かにいただきました。

あまりにも突然の悲しい知らせでした。
せめて彼女の歌声を聞きながらご冥福を祈りたいと思います。
どうか天国でも歌いつづけてください。

2004年11月27日

<“れいちん”発見♪>

今月の『BOMB』(ボム)は“お気に入り”の仲根かすみチャンなんで思わず購入!
イイ歳して買うな~!!ンな雑誌)

読んでみるとオヤオヤ?

かすみチャンとれいちんの対談はっけーん!
2人は仲良し??

“ゆださん”どっちがお好み?

『どっちもエエねん♪』
Pb200087.jpg
この節操ナシ~ (-_-メ)

さらにこの間、部屋を整理してて見つけました。

『ペントハウス』1998年1月号
つー事は97年の12月のやつかい。古いなオイ(笑)

『なつかし~』と中を見ると…

はっけーん!!
Pb200084.jpg
わはははは!!(^○^)

高校生の時のれいちん♪…なんか、あどけなーい(爆笑)

このページのタイトルがまた笑える。

≪鮮度バツグン、女子高生グッズを狙え!≫

…いや、もう。笑うしかないですな。

この号は芸能人の選んだグッズのプレゼント特集。
“モーニング娘。”が1期の5人だけとか、懐かしさにひたれる内容です。

おまけにこのページに載ってる女子高生(当時)10人のうち

生き残ってるのは“れいちん”だけ!!

で、れいちんのプレゼントは車に乗ったスノーマンの置物とクリスマスカード。
季節に合ったナイスなチョイスですね~。


ん?“ゆださん”どうしたの?

Pb200088.jpg
『ワァーン、れいちんのプレゼント欲し~~い!』(ジタバタ

もうとっくに終わってるの!(5年前ダゾ)

ちなみに“ゆださん”の後の同誌のカバーは
デコが魅力の高橋由美子嬢。


奇しくもれいちんの最新ページのタイトルが

『時間が経つのは早い』

ホントそう思う。

5年後はみんなどうなってるかな?

2004年10月25日

<河合奈保子嬢の思ひ出>

いやいや、いつもコメント&トラバをしてくださるMARUさんに敬意と感謝をこめて、今夜は“河合奈保子”嬢(永遠に“嬢”ですってばよ)について。

<VS>(ヴァーサス)のネタで書こうかと思ったけど、順番がつかえてるのでそれは後回し。

確か彼女は『ヒデキ(西城秀樹さんっすね)の妹』とかでデビューしたんだっけ?
デビュー曲は確か『大きな森の小さなおうち』だったよなー♪
(なんてメルヘンしてるタイトル!今時“モー娘。”でもやらないな、こんなの)

おいら的にはB面(アナログレコード時代ぢゃ!)の『ハリケーンキッド』が好きだったんだが…
これって確かどっちをA面にするかでギリギリまでもつれ込んだ、というエピソードを聞いたことがある。

しばらくは(世間の認知度は)他のアイドルと50歩100歩なポジションだったと思う。
アイドルの常として、避けて通れない『水着グラビア』でチェックされた“ムネがデカイ”のと(柏原よしえとタイマン張ってたなぁ)明るさがウリだったな。

まー、デカイつっても今の井上○香とか○EGUMIほど病的なデカサじゃなくて、かなり健康的だったけどね (^_^;)
(ヤツらは怪獣)
そーいやおいらは当時“デカイ”志向だった。いつの間に“胸ナシフェチ”に??

あと“八重歯”が彼女のトレードマークね(笑)

それが『スマイルフォーミー』でブレイクしたっけ、ウン。
そこで1歩抜きん出たワケだ。

別に“ヒストリアル・ナオコ”をするつもりじゃないので、細かい事はこの辺で。


んで、彼女がらみの忘れられないエピソードが一つ。

今は無きTVリクエスト番組“ザ・ベストテン”にて彼女の『疑問符』がランクインして出演した時の事。

『疑問符』のイントロに、“カポーン”というシンセサイザーで作ったような、ちょっと固めの音(ほとんど効果音)が入るのです。

それについて視聴者からのハガキで

『風呂屋で手桶(洗面器)を鳴らした時の音に似ている!』

とのご意見が紹介されまして

ほいじゃー実際にイントロのところで鳴らしてみよう!

となったワケです。(久米さんと黒柳さんがノリノリで)

で、どーなったか?

全然違和感なかったっすね♪のっけから響かせてくれました。

『カコーーーン』(余韻)

シリアスな歌なのに、見てる方は大爆笑でした。

最近のトラックバック