フォト

今日は何の日?

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

2019年6月 1日

メリーちゃんのその後

27年もの間、愛車として一緒に過ごしてきたメリーちゃん。
今年の車検は残念ながらパス出来ないと分かった時点で、取るべき行動はひとつ。
もしも自分に車両整備の知識と技術があれば、一旦は登録抹消の後に修理・再登録も出来るだろうけれど、それは無いものねだり。

では廃車手続きをして、どこかの業者さんに引き取ってもらってスクラップに?
とんでもない!いくら公道を走れなくなるからと言っても【それだけは】絶対に選ぶことが出来ない選択。

時代はすでに21世紀。昭和は遠く過ぎ去り平成も終わり、今や令和なのだ。
文明の利器たる“箱”と“でんわ”がここにあるではないか。これを使わずしてなんとする。
と言うことでネットを利用して「赫々然々で」と書き込みして、メリーちゃんの引き取り手探しを行いました。

デビュー当時は悲しいまでに人気が無く、生産中止の憂き目を見るほどだったダイハツ Leezaですが、どうも近年コアなファンがいる様子。
きっとそこにいる人達ならば、メリーちゃんに目を向けてくれるのでは?と望みをつないでの投稿。

結果は?
来ました来ました。実にありがたいことに複数の方からオファーをいただきました。
何度かメールのやり取りをした結果、ご自分で修理をして乗っていただけると言う方にお譲りすることになりました。

引渡しの当日、何と埼玉から神戸まで飛行機でお越し下さった○○さん。
5年前からLeezaに惚れ込みずっと探していたとの事。
無いんですよね、もはや市場に出回っているのが。オートマはたまにあるんですけど。
ちなみにメリーちゃんは5速マニュアルのミッション仕様。
本当は飛行機が苦手な○○さん、でもずっと憧れだったLeezaのために無理を押しての搭乗だったそうです。

メリーちゃんの引渡し手続きのため、近くのファミレスに私の運転で移動。
同乗していただいた時点で気に入ってもらえた様子。
そりゃそうだ。痛んだパーツがあるとは言え“走り”はまだまだそこらのクルマには劣らぬ健脚ぶりが自慢ですから。

万事終わっていよいよメリーちゃんとお別れ。
最後のお礼の言葉をかける時、やっぱり涙。
オッサンだって泣けるよ、ずっと一緒にいたんだものね。

そうしてメリーちゃんは新しいマスターと埼玉へ旅立ちました。
14時間後、無事に到着したとのメールをいただき安堵。
全く問題なく、快調なドライブだったそうです。

とりあえず登録を抹消して、それから修理していただけるとの事。
良かったね、メリーちゃん。いつかきっとまた会おうね。

 


<コックピット いつもここに座っていた>

続きを読む "メリーちゃんのその後" »

ありがとう、メリーちゃん

1992(平成2)の5月に購入して、以来27年の長きに渡って私の足となってくれた

Leeza OXY(リーザ・オキシー)660 、通称メリーちゃん(Merry-Ⅲ)。

我が家に導入当時、メーカーのダイハツでは“売れないクルマ”として生産打ち切りが決まっていたとの事で急ぎ契約。

このLeeza、先代の550規格のバージョンは現在に続く“丸っこいクルマ”の嚆矢とも言える車で、その斬新なスタイルで人気を呼んだのでした。


<初代Leeza 550規格>

今年の5月、車検を迎えるに当たって一抹の不安が…

そもそも27年も乗っていると経年で劣化や不具合が出てくるもの。

露天の駐車場だったこともあって、概観は塗装がハゲチョロ。

いつか全塗装をと目論んでいたのですがね。

Img_0612
<メリーちゃん近影、リタイア直前に>

以前にもダイナモ(発電機)やエアコンがお亡くなり(笑 になり、パワーウインドウも昇降スピードが格段にダウン!(オイ!

しかしギアや足回り、特にエンジンは快調でなんらトラブルらしい事は起こったことがありませんでした。

一昨年の車検をパスした頃からステアリング(ハンドル)がエンジンや走行の振動に合わせてカタカタ鳴るようになり、ヤバいな~と感じつつもそのまま乗って(乗れて)いたのですが、今回の車検にあたり「ユダさん、今回の車検はあきらめて」と。

ガチョーン!そんなぁ。。。

どうもステアリングのシャフトに損傷があり、加えて古い車のために【パーツが無い】これが決定的でした。(号泣)

 

昔、会社勤めをしていた頃に「ウチでは前例が無いんだけどね」とか嫌味を言われながらも平然と一週間の休みを取り、東京、金沢、福岡、果ては鹿児島まで一緒に遠征したメリーちゃん。

日常では買い物、レジャー、通勤にと文字通り八面六臂の大活躍をしてくれたメリーちゃん。

そんなメリーちゃんも5月の29日で車検が切れ、除籍です。

今までユダの忠実な足になってくれて本当にありがとう。
一緒にいてくれて本当に楽しかったよ、おつかれ様でした。


<在りし日のメリーちゃん、鹿児島県鹿屋にて>

2017年1月 9日

これは変

日本では今秋公開になる《エイリアン:コヴェナント

もう最初の《エイリアン》(1979公開)からほぼ40年も経つんですか…
mpcのキットが人気だったなぁ。
 
それはともかく、その最新作の米国版ポスターがコレ

B245bf11s

 

んで、日本版がコレ

7e26667a_2

 

ちょっとちょっと、「逃げ…」って何ですか?

この“RUN”は走る・逃げるの意味じゃなくて、公開・封切の意味でしょ。

知っててやってるのか、知らずに何も考えずに直訳したのか…

 

中途半端なコピーからして多分直訳だろうなー、と考えます。

ハズカシイですよ。

2010年9月 5日

<母ちゃん(別な意味で)凄ぇ!>

さてさて、今度は前回と違った意味で凄い母親の話。

昔勤めていたレストランのホール係の人(複数)と
ひょんな事から食事に行った時
その面子の中にママさんがおりまして、
その人の息子さん(Aクン:推定6歳)も同行。

食事中、Aクンが何か粗相をしちゃったみたいで
その時にママさんが

「オマエ何しとんねん!しばくぞゴルァ!!」 

( ゚д゚) ・・・

(;゚д゚) ・・・
  _, ._
(;゚ Д゚) …!?

ヽ(`Д´)ノ  お前『母親』やろがっ!

もうね、子育てとか躾とか、
そういうモノとは別の次元に生きてるんだなと…
私はこんな人とは判り合えないデス。

2010年1月 9日

<母ちゃん凄ぇ!> ①

松の内も明けそうですが、遅まきながら
新年のご挨拶を申し上げます。

昨年は個人的及び占いでは多くの方にお世話になりました。
どうぞ今年も宜しくお願いいたします。

と言う事で今年最初のラクガキですが、何か書こうとすると
暗いorトンデモネタしか思い浮かばなかったので、
一発目くらい明るいお話ではじめたいなぁと。 (^_^)
まぁ大した話じゃございませんが、ちょいといい話と言う事で。

先日電車の中で小学生くらいの女の子と、
そのお母さんが乗っておりました。
で、聞くとはなしに聞こえてきたその2人の会話の中で…

娘:「ねぇ、“なつかしい”ってどういう意味?」 (* ゚ー゚)ゝ

→ゆだ:『え“っ、どう答えりゃいいんだろう…
       なつかしいなつかしい…』
     イカン!わからーん!  (T∇T) ウウウ

母:「なつかしいって言うのはね、

  “思い出して嬉しい”って思う事よ。」  J( ´ー`)し

ををををををををを! なんとすばらしい答え! \(◎o◎)/
うーんそっかー、そーくるかー、そうだよなー。

かーちゃん凄い!最高!ナイスなお答え。
それに引き換え、普段当たり前のように使っている言葉すら
満足に説明できないどアホのユダであります。
一つ賢くなりました、どうもありがとうございます。

と言う事で、今年も精進させていただきます!

2009年2月28日

定番外れ

おお、またえらく放置プレイの『ラクガキ』です(笑)

いつものお店に行って、いつものお決まりのモノを買う。
ところがある日突然、置いてあって当たり前の商品がなくなるってのはかなりショックです。
私がいつも街頭の占いの時に使っているお香(インセンス)も、
今回めでたく?“定番外れ” ・゚・(ノД`;)・゚・

P2280016


最初は三宮の『東急ハンズ』を追い出され、『Loft』で見つけて一安心…
と思っていたら【この有様だよ!】

結局ネットショップで見つけましたが、どうやらメーカーが意匠変え&値上げをしたようで
この商品は要するに生産中止!  Σ( ̄Д ̄;)がーんっ!

まぁ、これの香りそのものが前のままなら多少の値上げは微々たる問題。
(こんなご時世ですし)
キチンと手に入るならば、文句を言う筋合いではありません。
品質だけは維持して欲しいです。

2008年8月 6日

<ごはんのおかずに…>

ちょっと前に聞いた話ですが
「焼そば定食って何?ご飯と麺?信じられない組み合わせー!」
とかおっしゃる方がいらっしゃいまして、
はい、どうも関東のお人だったようですが…

つか、関西では【当たり前】ですが何か?
ご飯に味噌汁、そして焼きそば、これ最強(笑) 
私が前にいたお店では人気メニューでしたっけ。

ええ、関西では『お好み焼き定食』もありますが、何か?
お好みは単品でもご飯のおかずにもなるんです。

文句あります??

2008年7月 3日

<港町の風景>

本日(7月3日)、神戸新港突堤に停泊していた
練習帆船『日本丸』(にっぽんまる Nippon-maru)が出航しました。

で、今日は出航セレモニーがあったそうですが、
それを知らずに行きそびれてしまいました。(仕事が休みだったのに…) orz

昨日あたりまで、神戸の町では真っ白な制服に身を包んだ
乗船実習の学生さんの姿がちらほら…
もうね、オサーンの歳になった私から見ると、実に初々しいわけですよ(笑)

練習船に限らず、艦船の乗員にとって“上陸”は最大の楽しみのはず。
トランクカートを引き、神戸の繁華街をキョロキョロして歩いているのを見ると、
「家族と待ち合わせかな?お土産買いに行くのかな?」と
勝手に想像しながら、彼らを微笑ましく眺めてしまいます。

こう言っては失礼かもしれないけれど、女性の訓練生の方もいるんですね。
今まで“男の子”しか見たことがなかったので、ちょっとビックリ。

昨日出航したので、きっと今ごろは波の上かな?
無事な航海をお祈りしています。

※スマン!画像が無ぇ (ノ∀`)ノ∀`)ノ∀`)ジェトストリームアチャー

2008年6月25日

<ごぶさたですワン>

ここでは長い間ご無沙汰でしたが、

↓コイツは元気です

P6170052

もうすっかりデカくなりました(笑)
毎日ガツガツ食ってます♪

<どうなっているんだ!> Ⅲ

教育者がおかしい、と続けてきたが、親もおかしい(らしい)。

《ケース:2》
これも聞いた話で恐縮なのだが、自分の友人の話である。
友人(父親)は子供の教育にはそれなりに注意を払っていて、学校の行事や懇談会には時間の許す限り参加しているとのこと。
とは言え、子供過干渉する様な“バカ親”ではなく、仕事柄グローバルな視点を持っているだけに、教育にも独りよがりを許さない他者との関係を重視する事をモットーとする人格者である。

彼は先に言ったように懇談会に於いて学校や教師の“間違い”をしっかりと指摘したりはするものの、基本的には『学校と教師を信頼している』ので、その関係においてトラブルなどは皆無である。

しかしながら、そんな親ばかりではないようで、友人の子供の同級生の親の中には何と
『授業を監視し続けている親』が(複数)いるのだと言う。

確かにこのご時世、教育現場でのトラブルが多発しているが、そこまでやるか?と言った感じである。
これでは教師はおろか、生徒に至るまで緊張して授業どころではあるまい。

教育に限らず、人間関係の基本は“信頼”であると考えている。
人間である以上、過ちはついてまわる。そして間違ったところがあれば忠告して改めさせ、異なる主張の対立には対話を以て調整する事が出来るはずである。
この根底には“信頼”があって始めて成り立つもので、これがなければ“秩序”すら保てないであろう。

この親は自分の子供に、人間関係においてもっとも大事な“信頼”を教えず、どんな大人に育てたいのだろうか?

より以前の記事一覧

最近のトラックバック