フォト

今日は何の日?

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

2009年12月30日

<『考証』の恐ろしさ>

をを!、今度は5ヶ月放ったらかしでしたか…
どうもです (;・∀・)

先日net上で、ある写真を拾った入手したのをきっかけに、
こちらも久々に再開しております。
それで『考証』の真似事などをしてみた訳ですが…

時代劇などの考証は、年代的に見ておかしい所がないかとか
設定など背景に無理がないかをチェックする事を示します。
私の言う模型的な面の考証も、まぁそれと似たようなもので、
昭和16年時の戦艦模型にレーダーが載ってるのがおかしいとか、
駆逐艦にピンク塗装(ねーよ) はイカンとか。

さて、ところで『考証』のどこが怖いのか?
今回やったのは写真の『検証』なんですが、一応それも考証と言う事で。
とりあえず一つの結論にたどり着いたのだけれど
怖いのはその結果が出た時の心理。

模型やミリタリーマニアに限った事ではないだろうけれど、
“誰もやっていない事を自分がやった”快感?に溺れるのが怖い。
…と思った。

写真に写った事柄を検証しただけなのに
まるで自分がそれを発見したかのような優越感、
いっぱしの研究者にでもなったかのような陶酔感、
などなどをほんの一瞬だけれども感じてしまった。

いや待て!そんな気持ちでいると
「あいつやあいつ(笑 のようになってしまう!」
誰だよ?(笑
すぐにその事が頭をよぎって正気に返りましたがね。

いるんですよ、実際にそんな気持ちに浸ったまま
自分を誤解して突っ走ってしまった連中が。
それが原因で“某所”で叩かれまくっていますが…

占いでも似たような事があるようですけれども、
人の振り見て、とはよく言ったものです。
自分に酔わず、自惚れず、今の自分を過信せず、満足せず、
日々これ勉強、とこれからも自分を磨いて行かねばと
年の瀬に深く感じた次第です。

あと、更新もちゃんとやらなければと思ったのはナイショ

2007年6月 9日

<供給過多?>

いらないものを整理して、使えない物は捨てるが
まだまだ使えそうな物はオークションへ。

オークション出品者の出品理由は大概がこんなところでしょう。

オイラもご多分に漏れずに出しました。いろいろと。

そんな中に、もう作らないであろう航空機のプラモもありまして。
死ぬまで?艦船模型一筋でいくと決めましたからね。
(とは言え“零戦”と“ファントム”はしっかりキープしていたりするのだが)

オークションへの出品を終えて、自分の出したのはどこら辺にいるのかと
該当するカテゴリーをクリックしたら…
多い!メチャクチャ多い!
航空機の出品ってこんなに多いんかいっ!

それらの出品を仔細に眺めていくと、出品のほとんどを占めているのは
【食玩】と呼ばれる完成品。
もうね、ハンパな数じゃないですから。

おいらがいつも“入札する”方で利用する艦船模型のカテでは
それほどでもないんですが、航空機のカテでは『これでもかっ!』
って言うくらいの膨大な数。

一時期ほどではないにしろ、今でも航空機の【食玩】(食じゃないのもあるけど)は手を変え品を変え、いろんな機体がスーパー、コンビニをはじめ、“東急ハンズ”にまで並んでいる始末。

でも、そんなに需要ってあるんですかね?
オークションで売られている数多くの【食玩】を見ていると、
一般の購入者よりもオークションに出品目的で仕入れてるんじゃないか?と思わせるような出品率。

この出品されている【食玩】の何割がこのカテを何周回するんだろう?と考えてしまいますね。

2006年6月30日

<間違い探し>

Q:下の写真には明らかなマチガイがあります。
どこでせう?

709

A:金剛級戦艦の最上甲板(2番主砲塔基部のデッキ)
『木甲板』ぢゃ!このヴォケっ!!
<(`^´)>

これが模型専門誌のすることですかね?
それも“表紙”で…
ホントに『堕ちた』もんです。
ヽ(ーー;)/

いくらエッチング使った作例でもねぇ。。。

基礎からやり直ししてこーい!

2006年6月21日

<複雑な心境 (@_@;) >

えー、占い師のお仕事のほかに
<御影重工造船>として模型製作のお仕事もやっておりまして
この春からオファーをいただき、日々製作に励んでおります。
(ご注文いただいた方、申し訳ありません。もう少々お待ちください)

ただ。。。。。。

最近。。。。。。

見えにくい。

なんかねー、以前に比べてパーツが見えにくいなーってね。
(´・ω・`)

で、こんなの買ってしまいました(汗)

Top

《タミヤ ワークスタンド (レンズ付き)¥8,400》

いやはや、こんなのが必要になるとはね。

『認めたくないものだな…
自分自身の年齢ゆえの衰えと言うものを…』

2006年6月16日

<模型誌の老舗が…>

昨年の映画《男たちの大和》に絡む“大和ラッシュ”もそろそろ沈静化してまいりましたかね?
振り返ってみれば、あの《ホビージャパン》誌までが大和に手を出した(同誌は模型誌ですが、今はほとんどガンプラ&キャラ専門誌)程ですから、ある意味模型&出版業界では“大和景気”ってのがあったのかな?

それはさておき模型誌の老舗、スケール路線(リアル指向)の雄(のはず。カッコが多いぞ!)
《モデルアート》誌からも出ちゃいました!↓

Modelingguide
《モデリングガイド 日本海軍戦艦大和》

そりゃぁね~、期待するよね。
最近では《艦船模型スペシャル》の作例も、仲々のレベルだし。
(ハズレも多いけど…) (ーー;)
何つったって、スケールモデル一本槍で今まで生き残ってきた雑誌ですからね。

…がっ! (以下誌面から抜粋&ツッコミ)

『製作ガイドテーマ・1』
マスキング云々の解説ご苦労様。初心者向けですか?でも初心者がイキナリ噴き付け塗装するもんでしょうか?

『製作ガイドテーマ・2』
“ベテランモデラーが辿り着いた究極テクニック!”とか言いながら初心者の方にも出来るように…って、ズレとりゃせんかね?おまけに金属パーツに交換してる砲身までズレてますが。

『製作ガイドテーマ・3』
タミヤの1/350を“素組み”かいっ!

『思い出の名作《大和》キット』
うんうん、増刊号ならこう言う本誌(月刊)でやれない企画上げるよね。って、ストレートに組んで触りだけ紹介してオシマイって。。。(汗)

『高橋ヤスヒコが作る1/250大和』
はい、このヒトが作ってるってだけでこの記事はスルーします。自分とはどうも作風が合わない。加えてあまりメジャーではないキットで記事1本ですか、そーですか。

(;一_一) (;一_一) (;一_一) (;一_一) (;一_一)

もうね、2005年5月号の《余りにもレベルが低くて無残な作例として模型誌上ワースト1に輝くであろう》ニチモの1/200大和を自画自賛で掲載した時点で“モデルアート社の大和”には期待してはいけなかった…
とにかくこの本の値打ちは1/500の図面だけですな。
岡本好司氏の図面3枚で1,800円かぁ、安いかも(笑)

如何な“大和フリーク”と言えど、この本は

『さぁ~て、いっちょ大和のプラもでもつくってみよっかー!』
と言う初心者サン以外には

必要ないでしょう。

無くても困らない本です。
どうせ1,800円出すなら、

巡洋艦のキットでも買って自習する方がマシ。

 

2005年9月10日

<『大和を作る』って…(汗)>

 さて、模型誌などで以前から紹介されていた《戦艦大和を作る》が、発売になりました。
実は簡単な内容と発売日しかチェックしていなかったのですが…

yamato-kit1

見てビックリ。なんと“週刊”??
刊行案内を見ても一つビックリ。え”っ、90週で完結予定??

えーっと…90週って、、、一月4週として、、、

部品が全部そろうまでにほぼ2年でつか???

オマケに1部(来週から)1,190円??

ばっかやろぉぉぉぉぉぉ!10万超えるぢゃねーかっ!!(涙)

そんなに出すんだったらニチモの1/200『大和』が(楽々)2隻買えるっちゅ-ねーーーん!
…と思って“楽天”で調べて見たら4隻買えます(オイオイ!)
しばし狂乱(涙)

…落ち着きました(笑)自業自得でございます。
問題は中身なんですがね。

まぁ、キットに付属の冊子に新資料とか出るかなー、と期待したんですが、内容はどちらかと言えばビギナー向け。仕方ないか。

付属の(とゆーか、目玉の)キットは1/250。ウッディ・ジョーなるメーカーさんの木製&金属パーツキットですが、これも“楽天”で調べると価格69,700円なりぃ~(笑)
差額は本か??

今回の第1回は船体中部の木製パーツ(フレーム)と艦橋の金属パーツ。
うーん、この船体パーツはちと不安だな、実艦同様しっかりとした1本のキール(竜骨)にした方が強度的に安心。

yamato-kit2

艦橋もこのスケールだと、あそことあそこをいじって…

てな事を考えてしまうのですよ、御影重工造船としては…。
ぜぇーーーーーーーーーったい
ストレートなんかでは完成させないって

さて、どうせこいつはパーツが揃ってからでないと作らないだろーね。
手をつけ始めてから、完成はいつになるやら?

最近のトラックバック